お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
オニノシタブルイ

鬼の舌震

四季折々楽しめる奇岩・怪岩の大渓谷

斐伊川の支流大馬木川の急流が長年にわたり岩を削ってつくりだした、およそ2.3kmにわたる大渓谷です。V字谷の左右には、大天狗岩、小天狗岩などの岩壁がそびえ立っています。また、谷のいたるところに、はんど岩や亀岩、千畳敷、鬼の落涙岩、えぼし岩など、奇岩・怪岩が横たわり、河底には大小の甌穴(おうけつ)群がみられます。それらの間を縫って清流が流れ、またいたるところに深淵をたたえ、壮大な景観を展開しています。渓谷沿いの遊歩道は2km弱(往復約60分)で、紅葉や新緑の季節が特に美しく、中国自然歩道に指定されています。
名前の由来は、『出雲国風土記』の中に「ワニが玉日女命(たまひめのみこと)という美しい女神を恋い慕う」とあり、この「ワニのしたふ」が転訛したものと伝えられます。
2013年に、高さ45m、長さ160mの「舌震の“恋”吊橋」が掛かりました。

2020.8.27 ≫鬼の舌震遊歩道一部通行止めについて(奥出雲町観光協会)

近くの観光スポット

近くの美肌スポット