お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
タマワカスノミコトジンジャノヤオスギ

玉若酢命神社の八百杉

島後三大杉のひとつ

玉若酢命神社の坂道の参道をのぼり、神門をくぐった右側に県下一の杉の大木があります。

樹高38m、根元の周囲約20mにおよびます。樹齢は 2,000年を超えるといわれ、昭和4年(1929)12月に国の天然記念物に指定されました。

八百杉、あるいは総社杉と呼ばれるこの大杉は、その昔、若狭の国から、人魚の肉を食べて、老いることを知らない比丘尼(びくに)がやってきて、総社に参詣し、後々の形見にと杉の苗を植えました。そして「800年たったら、またここに来よう」と言ったということから八百比丘尼杉と呼ばれ、いつしか「八百杉」と呼ばれるようになりました。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット