無料で楽しめる松江・出雲の人気観光スポット10選

タグ:

2016年07月08日 公開

島根県の松江・出雲エリアにある、無料で楽しめる人気の観光スポットをご紹介します!

庭園から美術館、博物館、パノラマ展望台など「えっ、ここも無料??」と驚きのお得スポットも。

ドライブや旅の途中、気軽に立ち寄れるスポットとしてご利用ください。

 

四季折々の花にいやされる 松江イングリッシュガーデン

松江イングリッシュガーデン
松江イングリッシュガーデン 松江イングリッシュガーデン

宍道湖沿いにある、日本でも有数の本格的なイングリッシュガーデン。バラを中心に、500種類におよぶ花・植物が、四季折々の美しさで来訪者を魅了します。宍道湖を眺めながらゆったりとした時間を過ごせる、レストラン&カフェLAUTも人気。

【松江イングリッシュガーデン】
■住所:島根県松江市西浜佐陀町330-1
■お問合せ:0852(36)3030
■開館時間: 4月~9月 9:00~17:30、10月~3月 9:00~6:30 (最終入場は閉館30分前)
 定休日:年末年始(12月29日~1月3日)
■入園料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/3664

 

宍道湖の絶景! 山陰合同銀行本店 展望フロア

山陰合同銀行本店 展望フロア
山陰合同銀行本店 山陰合同銀行本店

山陰合同銀行本店ビルは、高さ75mと島根県内で最も高いビル。最上階の14階は展望フロアとなっており、無料で一般に開放されています。松江市街地や宍道湖が一望のもとに見渡せるパノラマ展望室です。松江城天守閣からの眺めも素晴らしいですが、ここからは宍道湖をより間近に見下ろすことができ、隠れた夕日スポットでもあります。

【山陰合同銀行本店 展望フロア】
■住所:島根県松江市魚町10番地
■お問合せ:0852-55-1000
■開館時間:(4月~10月)10:00~18:00(11月~3月)9:30~17:30 定休日12/31、1/1
■入館料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/6059

 

豪華なアート空間 ごうぎんカラコロ美術館

ごうぎんカラコロ美術館
ごうぎんカラコロ美術館 ごうぎんカラコロ美術館

大正の面影が残る西洋風建築の山陰合同銀行旧北支店が改修され、美術館として生まれ変わりました。内部は二層吹抜けの大空間で、1階には洋画家絹谷幸二氏の「日月双龍飛翔」をメイン作品とする、日本人画家の洋画、2階には松江市出身の版画家平塚運一氏の作品と、平塚氏と影響しあった版画家の作品などを展示しています。

【ごうぎんカラコロ美術館】
■住所:島根県松江市殿町412
■お問合せ:0852-55-1000
■開館時間:9:30~18:30
 休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月3日)
■入館料:無料

 

旧日銀の地下金庫も見学できる匠の館 カラコロ工房

カラコロ工房
ピンクのポスト 地下の大金庫室

昭和初期に建てられた旧日銀松江支店が、「匠」をテーマにした工芸館にリニューアル。工芸作家のブランドショップや和菓子作りなどの体験教室、レストランも充実しています。重厚な大扉が残る地下の金庫室は、貸展示室として利用されています。幸運のピンクポストも話題です。

【カラコロ工房】
■住所:島根県松江市殿町43
■お問合せ:0852(20)7000
■開館時間:[工房]9:30~18:30 [飲食]11:00~18:30
 休館日:年末年始(12月30日~1月1日)
■入館料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/3388

 

明治時代の迎賓館 興雲閣(こううんかく)

興雲閣
興雲閣 亀田山喫茶室

松江城二ノ丸に建つ明治建築のレトロな洋館。明治天皇行幸時の御宿所として建設され、明治40年、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)のご宿泊所としても使用されました。周囲を豊かな装飾で飾る柱を配した優美な造りが特徴です。1階にカフェ「亀田山喫茶室」がオープンしました。

【興雲閣】
■住所:島根県松江市殿町1番地59(松江城山公園内)
■お問合せ:0852(61)2100
■開館時間:4月~9月8:30~18:30(最終入館18:15)、10月~3月8:30~17:00(最終入館16:45)
■入館料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/1294

 

これがウワサの「ベタ踏み坂」! 江島大橋

ベタ踏み坂(江島大橋)

通称「ベタ踏み坂」としてCMで一躍話題に。PCラーメン構造の橋として世界有数の長さを誇り、島根県松江市八束町と鳥取県境港市を結んでいます。島根県側から撮影すると、ほぼ直角の急こう配に見える、とネットで評判だった橋です。橋の最上部からは中海や大山を眺望でき、車を降りてのウォーキングもオススメ。

【江島大橋】
■住所:島根県松江市八束町江島
■お問合せ:(一社)松江観光協会 0852-27-5843
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/7197

 

ワクワクのミニ地底探検 竜渓洞

竜渓洞
竜渓洞 竜渓洞

牡丹と高麗人参の島、大根島は実は火山島。日本で一番低い火山(大塚山/標高42m)の麓に国指定天然記念物「竜渓洞(りゅうけいどう)」があります。洞窟内で火口の様子が確認できる、世界でも稀な熔岩洞窟。暗闇に適応した世界的にも珍しい生き物も生息しています。洞窟内は平均気温が15度なので、夏の避暑スポットとしてもよいかも?!

【竜渓洞】
■住所:島根県松江市八束町寺津
■お問合せ:自然観察指導員 門脇和也 090(3178)2483
■見学可能時間:自然観察指導員の都合による(要予約)
■入場料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/192

 

出雲の古代史に触れる 出雲弥生の森博物館

出雲弥生の森博物館
出雲弥生の森博物館 出雲弥生の森博物館

邪馬台国の卑弥呼が生きた弥生時代、出雲には巨大な王の墓(四隅突出型墳丘墓)が出現しました。巨大なジオラマや貴重な出土品など、古代出雲王国の謎に迫る常設展が無料で見学できます。隣接する野外公園では国指定の「西谷墳墓群」を見ることでき、古代史ファンには興味が尽きません。

【出雲弥生の森博物館】
■住所:島根県出雲市大津町2760番地
■問合せ:0853(25)1841
■開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
 休館日/毎週火曜日(祝日と重なる場合は翌日)
■入館料:常設展観覧料/無料 ※特別展・企画展観覧料は別途必要
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/5450

 

大正ロマンの和風駅舎 旧大社駅

旧大社駅
旧大社駅 旧大社駅

旧大社駅は、明治45年の開業から平成2年のJR大社線の廃止まで、出雲大社の玄関口でした。大正ロマンを感じるノスタルジックな駅舎とホームは当時のまま残されています。全国でも珍しい、純日本風の格調ある木造建築で、国の重要文化財に指定されています。

【旧大社駅】
■住所:島根県出雲市出雲市大社町北荒木441-3
■問合せ:出雲観光協会 0853(53)2112  
■開館時間:9:00~17:00 休館日なし
■入館料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/1310

 

大社の町のミニ資料館 吉兆館(きっちょうかん)

吉兆館
吉兆館 吉兆館

大鳥居の手前にある、道の駅・大社ご縁広場にあります。松江工業高校の生徒が作成した、古代出雲大社の復元模型を中心に、大社町の伝統行事「吉兆神事(吉兆さん)」にまつわる展示、観光情報コーナー、休憩室があります。

【吉兆館】
■住所:島根県出雲市大社町修理免735−5
■問合せ:0853(53)5858
■開館時間:8:30~17:00 休館日なし
■入館料:無料
■詳細:https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/4123