お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
カカノクケド

加賀の潜戸

日本海に突き出た潜戸鼻の先端および陸寄りの断崖に海食作用でうがたれた海食洞門です。先端にあるのが新潜戸です。長さ200m、洞内は広く波の静かな日には舟を乗り入れて探勝することができます。
『出雲国風土記』には、佐太大神(鹿島町、佐太神社祭神)がここでお生まれになったとあります。佐太大神がお生まれになろうとするとき、母神の支佐加比売命(きさかひめのみこと)が「わが子が麻須羅神(ますらがみ)の子であれば、金(こがね)の弓矢よ、出でよ」といわれると、金の弓矢が流れて来た、それをとって「闇(くら)い窟(いわや)であることよ」といって弓を射られると、洞穴が貫通して中に光り輝き、そこで「かか」と呼ぶようになったと伝えられています。遊覧船の便のほか陸上からの歩道も整備され、洞穴東口の東方海上に、同じような洞門を持つ的島が見えます。

一方、陸寄りの洞穴は旧潜戸と呼び、入口は幅5.5mぐらいですが、内部は約20mもあり、高さも10m以上です。奥行き約50mで、夭折した子供がここで石を積むという「賽の河原」の民間伝承から、生前子供が愛用した玩具や着衣、はきものなどを供えては石を積んだといわれます。それが幾世代にもわたり、風化した上に新しい供え物と石が積み上げられ、薄暗い内部は鬼気迫る雰囲気をかもしています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット