お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
シュツサイ イワノイチリヅカ

出西・伊波野一里塚

一里塚とは、街道の両側に一里(約4km)ごとに土を盛り、道のりの標(しるし)としたものです。
旧山陰道にあったこの一里塚は慶長9年(1604年)に徳川幕府の命令により、松が植えられたものですが、台風や病害虫の被害などにより、今は根元を残すのみとなっています。
西塚・東塚の間隔から当時の街道の幅が想像でき、交通史上貴重な遺跡として、国指定遺跡となっています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット