モノノべジンジャ

観光スポット

物部神社

00000c7f

 上古は神体山である八百山を奉斎していたが、継体天皇8年(513)に天皇の勅命により社殿を八百山の麓に創建した。この神社は石見の一の宮として、広く崇敬を集めてきた。
 樹々の中に鎮座する本殿(県文化財)は高さ16.3mで、その壮大な建物は出雲大社につぐ規模である。造りは変形春日造で、軸立は安政3年(1856)だが、様式としては宝暦年間(1751〜1764)以前にまでさかのぼるという。
 社宝は大内氏、毛利氏、徳川氏の寄進状、勝海舟の奉納品など数百点にのぼるが、その中に、鎌倉末期の作ともいわれる日本刀2振りがある。
 了戒(りょうかい)銘の太刀(重文)は長さ64.5cm、反り2.3cm。鎬(しのぎ)造りの庵棟(いおりむね)で、刃文(はもん)は小糀(こばな)のついた直刃(すぐは)調である。この太刀は天文11年(1542)、大内義隆が武運長久を祈願して奉納したものと伝えられている。了戒は山城国の来(らい)一派の名工で、来国俊(らいくにとし)の子である。
 雲上(うんじょう)銘の太刀(県文化財)は長さ69.7cm、反り2.2cm。吉永藩主加藤明成から物部良忠に贈られたもので、寛永年間(1624〜1644)物部神社に奉納されたといわれる。

近隣の施設を見る
住所 大田市川合町川合1545
お問合せ先

物部神社

大田市川合町川合1545

〒694-0011

電話:0854(82)0644

FAX:0854(82)9298

アクセス JR大田市駅からバス15分
料金 なし
営業時間 <利用可能時間(営業時間)> 参拝は終日自由(授与所等は午前8時半〜午後5時頃)時間外は問合せ(正月・節分等は除く)
<定休日(利用可能期間)> なし
駐車場 約100台 無料
メールアドレス mononobe@axel.ocn.ne.jp
URL http://www.mononobe-jinja.jp
ユニバーサル情報 157 9f7dbfcac246651ed57fc006156f9af6fd696e9c63a5426c94c7e16c7408a57d
利用客以外のトイレ利用可