キガミジンジャ

観光スポット

城上神社

000021d5

 社伝によると、永享6年(1434)、大内氏が邇摩郡馬路高山(まじたかやま)から大森町の愛宕(あたご)山へ遷座し、天正5年(1577)毛利氏が現在地に遷座、造営したという。「救旱攘疫(きゅうかんじょうえき)の神徳顕(あきら)かなり」といわれ、大森の氏神である。現在の社殿は文化9年(1812)に再建されたもの。

 拝殿(県文化財)は唐、和様の二重向拝(ごはい)で、屋根が重層で入母屋造りという特色ある様式。拝殿の格天井(ごうてんじょう)には三瓶山麓の住人梶谷円隣斎守休(えんりんさいもりやす)により、極彩色の鳴き竜が描かれている。また格天井の格間には、当時建設に関与した銀山や大森町の役人たちの家紋が描かれていて興味深い。

 境内にそびえる相生(あいおい)の松は、樹齢約300年と推定される黒松、赤松一体となった珍木で、高砂の松ともよばれている。社宝には、大久保長安奉納の能面3面、川崎代官奉納の熨斗目(のしめ)1領などがある。

近隣の施設を見る
住所 大田市大森町イ1477
お問合せ先

大田市観光協会

島根県大田市仁摩町仁万562-3

〒694-0305

電話:0854-88-9950

アクセス 山陰本線大田市駅からバス20分、大森代官所跡下車
駐車場 なし