ワシバラハチマングウ

観光スポット

鷲原八幡宮

 城山の西南山麓、津和野川のほとりにある鷲原八幡宮は、初代の津和野城主吉見頼行が鎌倉の鶴岡八幡宮から勧請したものである。嘉慶元年(元中4年、1387)二代頼直の代に現在地に社殿が建てられ、現在の社殿は永禄11年(1568)十一代正頼の時代に改築されたものである。この神社は津和野城の守護神として吉見、坂崎、亀井の歴代城主の崇敬があつかった。
 楼門、拝殿、本殿を一軸上に置き、いずれも丹(に)塗りの社殿は昭和47年(1972)3月、県指定の文化財となった。
 楼門は入母屋造り茅葺きで、禅寺にも似た壮麗な建築であり本殿は三間社流造り、柿(こけら)葺き。大内文化の影響を受け室町時代の神社建築様式をとどめている。平成23年11月、 国の重要文化財に指定された。
 社前の広大な広場は鶴岡八幡宮の馬場を模した流鏑馬(やぶさめ)馬場で、原形を残す貴重なものであり、県の指定史跡になっている。現在、境内一帯は鷲原公園として、サクラ、ツツジ、紅葉の名所となっている。社殿の裏山には樹齢約600年の大杉が大空につっ立っている。

近隣の施設を見る
住所 鹿足郡津和野町鷲原
お問合せ先

鷲原八幡宮

鹿足郡津和野町鷲原大陰

〒699-5613

電話:0856(72)0650

アクセス JR山口線津和野駅からバス10分、鷲原下車