お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
神在祭
旧暦10月は「神無月」ですが、全国の神様が出雲へ集まって来られるため出雲地方では「神在月」と呼びます。
神々の国・出雲を中心に繰り広げられる、神と人の神秘な伝統行事「神在祭」をご紹介します。

稲佐の浜で神々を迎える神迎神事

稲佐の浜での神迎神事
神迎神事

 旧暦10月10日から17日まで、出雲大社では全国から神々をお迎えして、神迎神事、神在祭などが執り行われます。
 まず神在祭の前夜(旧暦10月10日)、国譲りの伝承地・稲佐の浜では、神々をお迎えする神迎神事が行われます。
 稲佐の浜でお迎えした神々は、大国主神が待たれる出雲大社へとご神幸され、翌旧暦10月11日から出雲大社において「神在祭」が行われます。

※神在祭の期間中(11/21まで)は弁天島へ近づけますが、それ以降(11/22~)は弁天島周辺は立入禁止稲佐の浜の立入は制限されます。
詳細はこちら ≫稲佐の浜の立入制限について(出雲市)

隠れたる神事の神議

出雲大社
出雲大社注連縄、上宮

 全国の神々は、旧暦10月11日から17日までの7日間出雲大社に集まられ、人に知ることのできない人生諸般の事柄を神議り(かむはかり)にかけて決められると信じられています。男女を初めとする様々な人々の「縁」もこの時に決められるといいます。
  神議りが行われるのは、大社の西方にある上宮(かみのみや)であり、また、神々が休まれる御旅(宿)社が、大社本殿の東西にある十九社だといわれています。

神等去出祭 ― 神々の旅立ち

万九千神社
佐太神社、日御碕神社

 出雲大社の他に、日御碕神社や朝山神社、万九千神社、神原神社、神魂神社、多賀神社、佐太神社で神在祭があり、それが終わると万九千神社から神々はそれぞれの国に還られるといいます。
 出雲大社では、旧暦10月17日と26日の2回にわたり、神々をお送りする神等去出祭(からさでさい)が行われます。17日は大社からお立ちになる日、26日は出雲の国を去り給う日ということです。
 また一方、神在祭は本来、旧暦10月11日から25日までの15日間行われていたとの説もあり、11日から17日までを上忌、18 日から25日までを下忌と呼んで、出雲大社では上忌が残り、佐太神社には下忌が残ったのだともいわれます。

2021年 出雲大社の神在祭について

新型コロナウイルス感染拡大防止およびご参拝の皆様の安全のため、神在祭期間中の祭典に一般の方の見学・参列はできません。

・神迎神事  一般の方の見学・参列はできません
・神迎祭   一般の方の参列はできません
・神在祭   関係者のみ参列
・縁結大祭  一般の方の参列はできません
・神等去出祭 一般の方の参列はできません

※神在祭期間中の境内での参拝は通常どおり可能です。
※今後の感染状況により‪、内容に変更が生じる可能性があります。

詳細はこちら ≫出雲大社公式

出雲大社の主な「神在祭」スケジュール(2021年)

行事 日時 場所
神迎神事・神迎祭 11月14日(日)19:00~ 稲佐浜~出雲大社神楽殿
神在祭 11月15日(月)9:00~・19日(金)10:00~・21日(日)10:00~ 出雲大社御本殿
縁結大祭 11月19日(金)10:00~・21日(日)10:00~ 出雲大社御本殿
神等去出祭 11月21日(日)16:00~ 出雲大社拝殿
第二神等去出祭 11月30日(火) 出雲大社御本殿

※観光イベントではありませんので、観客席等はございません。
※神迎神事の際、稲佐の浜には、神様の通り道に真菰が敷いてあります。真菰の上を歩かないよう、ご注意ください。また、神事の最中のフラッシュによる撮影は、神事の妨げとなりますので、お控えください。

出雲大社以外の神社の「神在祭」スケジュール(2021年)

神社名 神在祭日程 住所
日御碕神社 11月15日(月)~21日(日) 出雲市大社町
朝山神社 11月5日(金)~14日(日)※参道、通行不可 出雲市朝山町
万九千神社 11月21日(日)~30日(火)
[大祭・湯立神事・神等去出祭]11月30日(火)
出雲市斐川町
佐太神社 11月20日(土)~25日(木)、[神等去出祭]25日(木)、[止神送祭]30日(火)
【神在裏月祭】2022年5月20日(金)~25日(水)、[止神送祭]5月31日(火)
松江市鹿島町
熊野大社 11月14日(日)~11月30日(火) 松江市八雲町
神魂神社 11月11日(木)~18日(木) 松江市大庭町
多賀神社 11月24日(水)~26日(金) 松江市朝酌町

※令和元年より、毎年11月26日・27日に斎行しておりました万九千社神在月特別祈願祭は取りやめとなりました。
※朝山神社参道は、大雨の影響での崩落があり通行ができません。(2021.09現在)

※これらの神事は一般観光客には一部非公開のものもあります。むやみに撮影したり、神事の妨げにならないようご注意願います。