お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
サンベムロノウチ

三瓶室の内

三瓶山の男三瓶、女三瓶、子三瓶、孫三瓶の四つの山々と大平山(たいへいざん)に囲まれた凹地をいいます。三瓶山が最後に噴火した噴火口といわれており、幽玄な自然林に囲まれた別天地となっています。春にはレンゲツツジやタニウツギが咲きほこり、秋には一帯が錦のじゆうたんのごとく紅葉で彩られます。凹地底の標高は673mで、ここには室の内池とよばれる最深部で1.5m、面積11,490平方メートルの火口湖があり、噴気孔は鳥地獄とよばれています。東の原から大平山山頂までリフトがあり、リフトの終点から室の内にかけて自然探勝路が整備されています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット