お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ヤタキジョウアト

矢滝城跡

標高634mの山頂部を利用した16世紀の山城跡。北側には石見銀山街道温泉津沖泊道が通る降路坂があり、さらに進むと矢筈城跡があり、石見銀山を防備するための要衝を押さえる。享禄元年(1528年)には戦国大名大内氏が拠点とし、3年後の享禄4年(1531年)には南隣の領主小笠原氏がこれを奪い、銀山を支配したとの記録がある。
<築造期>1528年

近くの観光スポット

近くの美肌スポット