お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

国立公園三瓶山でスリル体験!サバゲー(サバイバルゲーム)で非日常を満喫

タグ:

2022年10月27日 公開

出雲大社から車で約1時間、島根県大田市にある国立公園「三瓶山(さんべさん)」。標高1126mの主峰・男三瓶山をはじめ6つの峰が連なり、峰の間には草原や窪地も広がります。豊かな自然を活かした三瓶山はアウトドアのアクティビティも充実。今回は、その中でもスリル満点の非日常体験「サバイバルゲーム」ができる注目スポットをご紹介。体を思いっきり動かして日頃のストレスを発散するのもおすすめです!

サバイバルゲームが満喫できる「SANBE FIELD」

<サバイバルゲームとは>

エアソフトガンを使用して撃ち合うシューティングゲームのことです。敵味方のチームに分かれ、決められた時間内に撃ち合い、定められたルールのもと勝敗を競います。
略して「サバゲー」とも呼ばれます。

「SANBE FIELD」ならではの「サバイバルゲーム」の魅力

「SANBE FIELD」は三瓶山の森の中にあるサバイバルゲーム施設。本物の木の間にバリケードがあり、地面には傾斜やアップダウンもあり、迫力満点の森の中の銃撃戦が繰り広げられます。森に囲まれた広大な空間でのサバゲーは、ダイナミックに遊ぶことができ、死角も多くスリル抜群!非日常だからこそ楽しめる体験です。

ハラハラドキドキ!サバイバルゲームの良いところ

近年、人気が高まっているサバイバルゲーム。多くの人が夢中になる魅力がたくさんあります。

【1】運動不足の解消
走ったりしゃがんだり銃を構えたり…普段はしない運動をすることで、日頃の運動不足解消になるかもしれません。足が筋肉痛になる人も多数ですが、それも運動を頑張った証拠!

【2】老若男女問わず誰でも楽しむことが可能
「SANBE FIELD」では、家族でサバゲーをしたり、夏には子ども同士で水鉄砲、冬には雪合戦をしたりと、エアソフトガン以外でも楽しめるゲームが可能です。

【3】ゲームでは味わえない実践的な経験ができる非日常体験
どこから弾が飛んでくるのか、どこに敵が隠れているのか、敵との遭遇にハラハラドキドキ!物陰に隠れて撃ったり、走ったり、敵陣地のフラッグを狙いに行ったりと、ゲームの世界が実際に体験できるのがサバイバルゲームです。

バリエーションが多彩!自分のレベルにあわせて選べる遊び方

土・日曜は、通常は18歳以上が参加可能な中級者~上級者向けの「定例会」を開催。そのほか、初心者や季節のイベント、キッズ向けイベントも開催されることがあるので、詳細はホームページのカレンダーをチェックしてみて。

また、貸切や家族サバゲーも可能なので、初心者の方や仲間・職場で楽しみたい方、家族で満喫したい方も安心してチャレンジできます。

リーダーを一人決め、そのリーダーが撃たれると負けになる「大統領選」、やわらかいスポンジの弾を打ち合う「ナーフ」など遊び方もさまざまです。 いきなり「定例会」はハードルが高いという人は、まずは仲間と貸切で楽しんでみましょう!

大自然の中にあるからこそ!季節ごとの楽しみ方

三瓶山の大自然の中にあるからこそ、季節を満喫できるイベントも開催。イベント開催日は、ホームページのカレンダーでチェック!

【夏】
水鉄砲戦を開催!家族、友人で気軽に参加できます。童心に帰って、水を存分に浴びてびしょ濡れになって遊びましょう!

【冬】
雪合戦を開催予定!三瓶山は平地に比べて雪が積もりやすく、雪合戦をするには十分。バリケードを使用して避けたり、敵陣に近づいて相手の背後を狙ったり、本格的な雪合戦が出来ます!(降雪量が多い場合や少ない場合は開催されません)

「SANBE-FIELD」に行く前にチェック!よくある質問

どのような服装がおすすめですか?
弾が肌に当たる可能性もあるので、安全のために長袖、長ズボン(または長ズボンインナー)を着用しましょう。また、汚れてもよい服装で参加しましょう。手袋、帽子、首回りを覆うものがあるとより安全です。顔はフェイスマスクで覆いましょう(レンタルあり)。
安全のために全身を覆うので、日焼けの心配が少ないのはうれしいですね。
レンタルはどのようなものがありますか?

初心者応援パック(レンタルガン+ゴーグル+BB弾+軍手)…2,500円
レンタルガン(10歳以上対象用、18歳以上対象用)…1,000円(ハンドガン)、1,500円
フルフェイスゴーグル…500円

荷物を預ける場所はありますか?
鍵付きのロッカーがあります。
着替える場所はありますか?
冷暖房完備の更衣室があります。

現地までの交通手段はどのようなものがありますか?
自家用車、またはレンタカーでの移動がおすすめです。路線バスもありますが、本数が多くありません。
予約方法を教えてください。
予約は公式LINEにて受け付けています(ホームページにリンクあり)。
レンタルを希望される場合は、前日までに要予約。
レンタルがない場合は、当日の予約も可能ですが、できるだけ事前予約をお願いします。
年齢制限はありますか?
参加は5歳以上。ただし、貸切の場合は年齢制限がありません。
参加の際の心構えはありますか?
ケガには注意して遊びましょう。心配な方は、事前にイベント保険の加入を推奨しています(「SANBE FIELD」では対応していません)。
そのほか気を付けることはありますか?
山の中でのアクティビティのため、虫に注意しましょう。
トイレは仮設トイレのみです。気になる方は、車で4分のところにある「東の原」駐車場にあるトイレを利用してください。
マップを

 

SANBE FIELD(さんべフィールド)

〒694-0222 大田市三瓶町志学2048-7
[時間/開場]8:30(10:00ゲーム開始)、閉場18:00(17:00ゲーム終了)
[料金]一般(一日:2,000円、AMのみ・PMのみ:各1,500円)
    学生(高校生以下)(一日:1,500円、AMのみ・PMのみ:各1,000円)
※問い合わせは、公式LINEよりおこなってください。(ホームページにリンクあり)

サバゲーの前後に腹ごしらえ!実は三瓶山の名物グルメ「ジンギスカン」

「SANBE FIELD」から車で3分のところにある「霧の海食堂 きっ川」。ここの名物は、なんと「ジンギスカン」。ボリューム満点、クセの少ない羊肉を特製のタレで味わいます。県内外から、このジンギスカン目当てで訪れるリピーターも多数。サバゲーの前後に栄養たっぷりのジンギスカンでお腹も心も満たしましょう。
※昼の時間帯は「ジンギスカン」のみ提供しています。(土・日・祝のみ)

霧の海食堂 きっ川

〒694-0222 大田市三瓶町志学ロ932-2
TEL:0854-83-2130

サバゲー帰りは三瓶温泉!汗を流してスッキリ

国民宿舎 さんべ荘

「SANBE FIELD」があるエリアは、三瓶山の恵みである「三瓶温泉」が湧き出る場所。毎分3000リットルという豊富な湧出量を誇り、鉄分と塩を含んだ、茶色く濁った湯が特徴です。サバゲーで汗をかいた後は、効能豊かな三瓶温泉へ。汗とともに体もすっきりデトックス。体がホッとほぐれるひとときを過ごせます。

おすすめの近隣「三瓶温泉」スポット

さんべ温泉そばカフェ 湯元

温泉とそば!三瓶の恵みを両方楽しめる贅沢スポット

「SANBE FIELD」から車で4分進むと見えてくるおしゃれな建物が「そばカフェ 湯元」。日帰り温泉と特産「三瓶そば」が楽しめるスポットとして注目のカフェです。源泉かけ流しの温泉を堪能し、スッキリとしたところで、地元三瓶で採れたそば粉を自家製粉した手打ちの「三瓶そば」をツルツルといただく。そんな贅沢な時間が満喫できます。

大田市三瓶町志学口1730-11
TEL:0854-83-2215

そのほか、三瓶山周辺の温泉スポット

■ 四季の宿 さひめ野

住所:大田市三瓶町志学2078-2 TEL:0854-83-3001
≫詳細はこちら

■ 志学薬師 鶴の湯

住所:大田市三瓶町志学932-1 TEL:0854-83-2238(三瓶観光タクシー)
≫詳細はこちら

■ 亀の湯

住所:大田市三瓶町志学ロ357-5 TEL:0854-83-2167
(志学まちづくりセンター内 共同浴場管理組合事務局)
≫詳細はこちら

■ 国民宿舎 さんべ荘

住所:大田市三瓶町志学2072-1 TEL:0854-83-2011
≫詳細はこちら

三瓶山のアクティビティはまだまだいっぱい!

三瓶山

【関連記事】

シーズン到来!国立公園「三瓶山」の自然を遊び尽くすおすすめアクティビティ6選と温泉&グルメ情報
感動体験!三瓶山頂でいただく「天空の朝ごはん」を地元ライターがレポート
三瓶トレッキング/島根の名峰・三瓶山で負荷をかけずに健康と美容を手に入れる

 

三瓶山がある大田市の情報充実!

 

大田市の観光に関するお問合せはこちらまで

一般社団法人 大田市観光協会
〒699-2303 大田市仁摩町大国42-1(道の駅ごいせ仁摩内)
TEL:0854-88-9950/FAX:0854-88-9960

 

 

関連記事

人気の記事

PR