お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト

感動体験!三瓶山頂でいただく「天空の朝ごはん」を地元ライターがレポート

タグ:

2022年10月11日 公開

何にもさえぎられることのない絶景と昇ってくる朝日を眺めながら、地元の美味しいものを朝ごはんでいただく。そんな究極の “朝活” を楽しめるイベントが島根県にはあります。

それが、島根を代表する名峰「国立公園三瓶山」の山頂の一つである「大平山(たいへいざん)」で、春~秋にかけて月に数回開催されている「天空の朝ごはん」。その魅力を実際に体験した地元ライターがレポートします!

※記事の情報は2022年8月時点のものです

島根県大田市にある「国立公園三瓶山」が会場!

出雲大社のある出雲市の隣、島根県のほぼ中央にあたる場所にある『大田市』。その大田市にある、島根を代表する自然スポットが「国立公園三瓶山(さんべさん)」です。主峰の男三瓶山(標高1126m)をはじめ、6つの峰が環状に連なり、四季折々の自然を満喫できます。

「天空の朝ごはん」が開催される「大平山」もその峰の一つ。
効能豊かな三瓶温泉や、登山やサイクリング、キャンプなど、恵まれた自然を活かしたアクティビティも人気です。

一度は体験したい!「天空の朝ごはん」とは...

初心者も参加しやすい!スペシャルな朝ごはん&山登り体験

「天空の朝ごはん」とは、大平山山頂で朝日を眺めながら、地元・大田市の飲食店が作る朝ごはんをいただくイベントです。大平山山頂(標高852m)までは、三瓶東の原から「三瓶観光リフト」で登るため、子どもや、山登りをするには体力に自信のない方も気軽にチャレンジできます。
日帰り参加のほか、遠方の方は、前日から近くの宿泊施設を利用する宿泊プランがおすすめ。

体験にあたりいくつかの条件をクリアしないといけないことに注意しましょう。

① スタート地点の山のふもとまで車で行く必要あり
② 集合時間が朝早い
③ 天気が良いときのみ開催(雨天や荒天の場合中止)
天候次第のところがありますが、だからこそほかでは体感できない絶景と美味しい朝ごはんが味わえます。

いざ「天空の朝ごはん」へ

早朝に集合し、山頂へ出発!

集合時間は朝日が昇る前の早朝。夜の闇の中、三瓶東の原にある「三瓶観光リフト」ふもとの駐車場を目指します。車を降りれば、光のない闇の中に広がる満点の星!
空気も澄んでいて、時おり流れ星が見えることも。少し早めに到着して星空観賞をするのもおすすめです。

「天空の朝ごはん」は日の出にあわせて開催時間が変わるため、夏は4時過ぎ、春・秋は5時前後と時期によって集合時間も異なります。

三瓶観光リフトの出発地点では、「天空の朝ごはん」スタッフの方がお出迎え。ここで参加費を払い、リフトの往復券を購入して、いざ出発です!

三瓶観光リフトで大平山山頂へ

暗闇の中、山頂まで10分間の空中散歩

三瓶東の原から大平山山頂までは標高差約255m。ここはリフトに乗ってスイスイ登ることができます。暗闇の中、山頂までの10分間の空中散歩はちょっぴりスリルも味わえます。

この日は晴天だったため、東の空が少しずつ少しずつ暗闇を抜け出し、オレンジの光が線のように差し始め、夜明けの気配が漂います。リフトが登っていくにつれ、ワクワクする気持ちもどんどん上昇!

リフト降り場から5分ほど山道を歩けば、いよいよ山頂に到着です!

山頂で朝日を待つ時間も貴重な感動体験

徐々に夜が明けていく、その様子にも感動!

ついに大平山山頂に到着!展望デッキで日の出の時間を今か今かと待ちます。
やがて目の前に広がるのは徐々に明るくなっていく世界。白み始めた視界の先には、晴れていれば、遠く日本海や大山(だいせん)が見えることも。秒単位で刻々と変わりゆく空の様子は、一瞬たりとも目が離せない天体ショーのようです。

そして、山の向こうからはまばゆい光が差し、きらめく朝日が昇り始めます。夜が明け、朝がやって来ることを体感できる瞬間です。それとともに、眼下に広がる山々や田園の景色が徐々に色彩豊かになっていく様子にも感動。

朝の光を思いっきり浴びると、体にエネルギーが湧いてくるのも実感します。

絶景をお供にいただく、とっておきの朝ごはん

地元の恵みたっぷり!朝ごはんでエネルギーチャージ!

朝日が昇ったら、いよいよお待ちかねの朝ごはんです。朝ごはんは地元・大田市の飲食店とコラボした、ここだけのオリジナル朝食!主催者のアナウンスを合図に並んで受け取ります。美味しそうな朝食を前に、地元の方との会話も自然と弾みます。

【メニュー】
ベッカライ コンディトライ ヒダカ・・・ドイツパンマイスターが作るパン
洋食屋FUKU・・・地元食材を使ったこだわりのスープ
■カフェ&パスタ ピッコリーノ・・・三瓶山西の原の湧き水を使用して淹れた、イタリアの「サトルノコーヒー」
※パンのトッピングは、地元産のハチミツやジャム、わさびマヨネーズなど

朝の澄んだ空気の中、遠くの山々の稜線や、眼下に広がる緑豊かな田園風景などここでしか見られない絶景が朝ごはんのお供に。地元の恵みたっぷりの食事と、朝日のパワーが体も心も浄化してくれます。

日の出が近づくと、主催者の方がシャッターチャンスを教えてくれます。徐々に昇ってくる朝日を狙って写真撮影もよし、動画を撮影するもよし、思い思いの楽しい時間をお過ごしください。

帰り道も楽しい!三瓶観光リフト

朝の絶景を楽しみながら帰路へ

帰り道も「三瓶観光リフト」を使用します。帰り道は、明るい朝の陽ざしの中、行きとは異なる景色を見ることができ、リフトを2倍楽しめるのも嬉しいですね。また、希望者は主催者に伝えたうえで登山を楽しむこともできます。

朝4時過ぎに出発して約1時間半の朝体験。宿泊プランを利用した方は一度宿に戻り、ひと息ついたら、ぜひ旅の続きを。朝から体を動かし、朝日を体いっぱいに浴びて爽やかで充実した一日を始められそうです。

「三瓶観光リフト」詳細はこちら
※三瓶観光リフトは、冬期は運行していません。

何度でも訪れたい!その季節にしか見られない絶景

自然の中でいただく「天空の朝ごはん」は、季節ごとに見られる景色が変わるのも魅力の一つ。時期を変えて、また訪れたくなります。そのため、県外からもリピートして参加する人も多くいます。

【見どころ】

<春>若葉の季節で青々とした緑の景色が広がります。耳を澄ますと、野鳥の声が多く聞こえるのも春ならでは。
<夏>春よりも一段と濃く深い緑に山々が覆われ、目にも鮮やか。眼下の牧草地も青々とした緑に包まれます。
<秋>気象条件が合えば、「雲海」が見られることも!山々は紅葉に覆われ、赤・黄色と鮮やかに染まります。

「天空の朝ごはん」予約方法

多い時には50人が集まるこのイベント。夏休みは子どもと一緒に家族連れの参加も多く、早めの予約がおすすめです。

【参加方法】

前日から宿泊をして参加
「国民宿舎さんべ荘」に宿泊をします。遠方からの参加者はこちらがおすすめです。
※雨天で中止になった場合は、別会場にて朝ごはんをいただきます。
宿泊プランはこちら≫

日帰りで参加
当日、「三瓶東の原」駐車場に集合します。
※雨天の場合は中止です。
予約者へのご連絡はメールからのみで、中止の場合には前日の18:00までに連絡があります。
また、ホームページからも確認できます。

【予約方法】

予約開始は、開催日の2週間前の正午よりホームページにて受付開始です。
※先着50名限定。定員になりましたら受付は終了します。
≫ 詳細はこちら

主催者の方に聞きました!参加する際の注意点

  • 山頂にトイレはありません。出発前に駐車場公衆トイレをご利用ください。
  • 駐車場からリフトまでは暗がりの中を歩くので、懐中電灯をお忘れなく!
  • 肌を露出しない服装で出かけましょう。明るくなると虫が多くなります。
    また、山頂は気温が低いため、季節によっては寒さ対策も必須です。
  • 山道は整備されていますが、歩きやすい靴で参加しましょう。
  • 山頂にはベンチ付きのテラスやベンチがあり、座って朝日を待つことができます。ベンチは朝露で濡れていることもあるため、レジャーシートを持参しましょう。
  • 廃棄物を減らすため、コーヒータンブラーをご持参ください。

問い合わせ先

国民宿舎さんべ荘

住所:〒694-0222 大田市三瓶町志学2072-1 TEL:0854-83-2011
「国民宿舎さんべ荘」公式サイト

【集合場所】大田市三瓶町志学1640-2 [MAP]
≫ アクセス情報はこちら

【料金】(日帰り参加の場合)
大人3,000円、小学生2,000円、幼児500円(2歳以下は無料)
※リフト代が別途かかります。当日券売機にてご購入ください。
リフト代:大人750円、小学生以下 550円

≫ 体験・現地ツアー(しまね観光ナビ)
「天空の朝ごはん」公式サイト

見たい!撮りたい!天空の朝ごはんギャラリー

参加時に山頂で撮影した写真をご紹介。季節や天候によって変わるため、一度たりとも同じ景色は見られません。ぜひ、自分の目でその絶景を見てきてください。


【写真】展望デッキで朝日が顔を出す一瞬を待ちます


【写真】ご来光。朝日に照らされ、ふもとの風景が見えてきます


【写真】石見銀山にある「ベッカライ コンディトライ ヒダカ」のパンなど、美味しそうな朝食が並びます


【写真】三瓶山の峰に囲まれた「室の内」と朝日に照らされる展望デッキと山の稜線

朝早い時間の集合、車を使って訪れ、山を登ると聞くと参加しづらいイメージもあるかもしれません。ですが、山頂で見られる美しい絶景、美味しい朝ごはんは、自分の想像を遥かに超える感動的なもので、とても贅沢で貴重なひとときでした。

時間の流れに身を任せ、朝日を待つ。昇ってきた朝の光を体いっぱいに浴びる。不思議と体にパワーがみなぎってくるのを体感できました。「天空の朝ごはん」でしかできない感動体験をぜひ味わってみてください。

 

大田エリアを訪れたらぜひ行きたい!「朝ごはん」後の楽しみ方

三瓶山のある大田市には、石見銀山や温泉など魅力的なスポットがまだまだいっぱい!ひと休みをした後にぜひ出かけてみましょう。

\大田市エリアの記事もチェック!/

■ 世界遺産・石見銀山を訪れたい
≫石見銀山ぶらり
≫世界遺産「石見銀山」を訪れる前に知っておきたい12のこと
≫出雲大社参拝後に行きたい! 車で1時間の「世界遺産・石見銀山」へ、移動中も楽しいフォトジェニックな旅
≫石見銀山と周辺エリア

■ アクティビティを楽しむ
≫シーズン到来!国立公園「三瓶山」の自然を遊び尽くすおすすめアクティビティ6選と温泉&グルメ情報

■ 地元に伝わる伝統芸能が見たい
≫石見神楽を楽しもう!定期公演スポット&スケジュール2022

■ 大田市のグルメを味わいたい!&お土産を購入したい
≫世界遺産「石見銀山」から車で10分!道の駅「ごいせ仁摩」オープン

■ 温泉でゆっくり日頃の疲れを癒やしたい
≫三瓶温泉
≫温泉津温泉
≫湯迫温泉

関連記事

人気の記事

PR