お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
モノノべジンジャ

物部神社

文武両道・勝負ごとに強い神様

物部神社は石見の国(島根県西部)の一の宮として、古くから崇敬を集めてきました。
樹々の中に鎮座する本殿(県文化財)は高さ16.3mで、その壮大な建物は出雲大社に次ぐ規模です。
御祭神・宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)は、文武両道の神・鎮魂の神・勝運の神として尊敬され、勝負ごとの前にお参りする人も多く、時にはオリンピック選手が訪れることもあるといいます。
拝殿前にある勾玉の形をした手水石は、砂金が含まれている大変珍しい「富金石」で造られています。手水石には勾玉の形をした4つの石が埋め込まれており、この石に触れることで勝運や財運などのご利益がいただけると言われています。
社宝の中に、了戒(りょうかい)銘の太刀、雲上(うんじょう)銘の太刀という、日本刀の名刀2振りがあります。

  • 【取り組みの目安】 ・マスクの着用、咳エチケット ・手洗い・手指消毒の徹底
  • 【取り組みの目安】 ・毎日検温し37.5度以上は、必要に応じ医療機関の受診を促すとともに、診断結果を記録する ・発熱以外に咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛等の症状に該当する場合も自宅待機とする
  • 【取り組みの目安】 ・2方向の窓を1回、数分間程度、毎時2回は全開にする ・あるいはビル管理法に基づく空調基準を満たす
  • 【取り組みの目安】  ・他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所と頻度を特定し、高頻度接触部位については、消毒洗浄を徹底する ・消毒液を設置する
  • 【取り組みの目安】  ・できるだけ2mを目安に最低1mは確保する
  • 【取り組みの目安】 ・対面接客を行う場合は、アクリル板等によりお客様との間を遮蔽する
  • 【感染防止対策の情報発信】 施設HP等で、施設側が実施している感染防止対策を発信している

近くの観光スポット

近くの美肌スポット