お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ナガハマジンジャ

長浜神社

祭神は国引きの神である(として知られる)八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)ほか2神。

創立年代は不詳であるが、『出雲国風土記』には「出雲社」、『延喜式』には「出雲神社」と出ている。中世のころ「妙見大社」と呼ばれていた。今でも地元では「妙見さん」と呼ばれている。歴代国主、藩主の崇敬厚く、社殿の造営、修復、祭祀などは国費、藩費で支弁された。文安年中(1444~1449)に至るまで社領300石の献納を受けていたと伝えられる。戦前の社格は県社であった。
本殿は大社造り変態、拝殿は神明造り風で、約1万3,000平方メートルの境内を持つ。10月13日例祭が行われる。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット