お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ナガイタカシキネンカン

永井隆記念館

永井隆博士は、長崎原爆により大怪我を負いながらも自らの生命を顧みず「如己愛人」「平和を」の精神に徹し、被爆者救護に当るとともに世界平和を訴え続けました。

一方、原爆で失った夫人とやがて遺児になるであろう二人の子をいとおしみ、生命の限り文筆を振るい「長崎の鐘」「この子を残して」などの名著を執筆しました。

雲南市永井隆記念館は、博士の功績を称え精神の顕彰と人々への浸透を願い昭和45年10月、博士のふるさと雲南市三刀屋町に開館しました。

館内には、博士の遺作品(手紙・葉書・書・絵画ほか)や写真など博士に関する資料約300点を、又、屋外には、博士が晩年二人の子供と暮らした「如己堂」(複製)や胸像、歌碑などを展示公開しています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット