お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ヤクモホンジン(ジュウヨウブンカザイ コワタケジュウタク)

八雲本陣(重要文化財 木幡家住宅)

松江藩主や大正天皇、昭和天皇も訪れた御本陣

八雲本陣(木幡家住宅)は、歴代松江藩主が領内巡視する際にしばしば本陣宿を勤め、その後大正天皇や昭和天皇、川端康成、松本清張なども訪れた旧家です。
正面玄関を入ると土間は高い吹き抜け構造になっており、太い梁や青海波文様の引窓が見えます。また壁面には江戸時代の火消し道具の数々が当時のままに掛けられています。
「書院の間」と呼ばれている藩主を迎えた二間続きの居間があり、部屋を仕切る襖には鳥取藩の絵師だった土方稲嶺の「猛虎図」が描かれています。
書院を出て奥に進むと、松江藩の家老朝日丹波の旧邸を移築した「朝日丹波の間」や、明治40年の大正天皇行啓の折りに行在所として新築した「飛雲閣」があります。
各部屋には木幡家伝来の掛軸、屏風や茶道具など美術工芸品が展示されており、また出雲式の庭園を眺めることができます。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット