お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
アゴナシジゾウ

あごなし地蔵

西郷地区から八尾川(やびがわ)に沿って上流に行くと、都万目地区がある。ここには古くから歯痛に効験があると信仰されている木像のあごなし地蔵が祀られている。この地蔵を刻(きざ)んだのは、隠岐へ配流された小野篁(おののたかむら)であるという。

都人の篁は、村の娘阿古那(あこな)と恋におちたが、赦免の日が来て都へ帰ることになった。別れを嘆き悲しむ阿古那のために、篁は自ら自分の身がわりにと、木像の地蔵を刻んだ。その地蔵を阿古那に与えて隠岐を離れたのである。いつしか阿古那地蔵があごなし地蔵と転訛し、さらに歯痛に効くとの信仰になっていったという。

篁と阿古那と地蔵にまつわる伝説は話をかえて、さまざまな物語になって伝えられている。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット