• 松江城天守祝国宝指定
  • 松江城天守祝国宝指定
  • 松江城天守祝国宝指定
  • 松江城天守祝国宝指定
  • 松江城天守祝国宝指定
  • 松江城天守祝国宝指定
松江城天守 最上階 360度パノラマビュー

※マウスをドラッグしたまま左右に動かして移動することもできます

2015年7月8日 松江城天守が国宝に指定
「ご縁の国しまね」イメージキャラクターからのお祝いコメント!

松江城の国宝指定にあわせて、イメージキャラクターを務める

青柳翔さん(劇団EXILE)、EXILE AKIRAさん、小林直己さん(EXILE/三代目 J Soul Brothers)から

お祝いメッセージが届きました!

青柳翔(劇団EXILE)

EXILE AKIRA

小林直己(EXILE/三代目 J Soul Brothers)

松江城について
ちどり娘

日本で今も天守が残るのは全国で12箇所。その一つが松江城です。

千鳥が羽根を広げたように見える入母屋破風(いりもやはふう)の屋根が見事なことから、

別名「千鳥城」とも呼ばれます。

戦国武将として名を馳せた堀尾吉晴とその孫で2代藩主の忠晴によって

慶長16年(1611年)に完成した松江城は、その後、京極氏、松平氏と続く

歴代松江藩主の居城となりました。

 

近世城郭の最盛期の姿を今に伝える松江城天守は、

平成27年7月、国宝に指定されました。

国宝指定のポイント Point1 発見!まぼろしの祈祷札!
松江神社

松江城の天守は、慶長16年(1611年)完成と言われていたものの、それを証明するはずの「祈祷札(きとうふだ)」は、昭和12年7月以降、行方が長らく不明になっていました。

その祈祷札が、平成24年5月、松江城二之丸にある松江神社で発見!

2枚の祈祷札には「慶長拾六年正月吉祥日」などの文字があり、天守の建築年代が明らかになったことが、国宝指定の決め手のひとつとなりました。

祈祷札は、建物が完成した際の祈祷の儀式に使われたもの。今回の国宝指定では天守の他に、発見された2枚の祈祷札や築城時に地祭りのため礎石の下に埋められていた「玉石」など9点も、貴重な資料としてあわせて国宝に指定されました。

祈祷札 祈祷札の文字

※松江市まちづくり文化財課提供

祈祷札は、松江歴史館特別展で見ることができます。

松江歴史館特別展

会期/
平成27年9月11日~11月18日
名称/
特別展 祝・国宝指定 松江城天守再発見
Point2 当時を伝える独自の建築方法
包板(天守一階)

天守が完成したのは江戸時代初期。戦乱の時代から安定した近世の都市へと発展する、当時の日本の城郭文化を表すその姿は、深い歴史的な意義があります。

天守を支える柱には、周囲を板で包んだものがあります。この板は、「包板(つつみいた)」と呼ばれ、鎹(かすがい)や鉄輪(かなわ)で板を留めています。柱の構造を補強するためのものと思われます。

築城ラッシュで資材が不足していた当時、天守を貫く長大な柱は手に入りにくくなっていいました。そこで、松江城では、2階分の長さの柱をバランスよく配置し、建物の重さを分散させるという独自の建築方法が採用されました。この柱構造は工匠たちの苦労の結晶であり、当時の先駆的な工法として取り入れられました。

松江城と姫路城の構造比較
包板のイメージ(断面)

(『松江城天守学術調査報告書』、『国宝重要文化財姫路城保存修理工事報告書』より)  ※松江市まちづくり文化財課 提供

 

 

 

 

 

 

松江城のご案内
住所
〒690-0887 島根県松江市殿町1-5

交通手段
JR松江駅からレイクラインバス10分、松江城(大手前)下車
一畑電車松江しんじ湖温泉駅から徒歩20分
一畑電車松江しんじ湖温泉駅から市営バス(北循環線内回り)5分、県庁前下車徒歩5分

料金 <登閣料>
【個人】大人560円 小人280円
【団体】大人440円 小人220円(30名以上)

利用可能時間
(営業時間)
【本丸開門時間】
4月1日~9月30日/午前7時~午後7時30分
10月1日~3月31日/午前8時30分~午後5時
【天守閣登閣時間】
4月1日~9月30日/午前8時30分~午後6時30分(登閣受付は午後6時まで)
10月1日~3月31日/午前8時30分~午後5時(登閣受付は午後4時30分まで)
定休日
年中無休

問い合わせ先
松江城山公園管理事務所  電話:0852-21-4030
http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
松江城

ページトップへ戻る