お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
カモイワクライセキ

加茂岩倉遺跡

平成8年(1996)10月14日、加茂町岩倉地内の農道工事中に大量の銅鐸が偶然発見されました。銅鐸が埋められていた穴(埋納坑)は、工事によって大半が壊れていましたが、一部が残っており、そこには約2000年前に埋められたままの状態で身を横たえた銅鐸が姿を見せていました。
発見された銅鐸は、約45㎝大のものが20個、約30㎝大のものが19個の合計39個で1ヶ所の遺跡から出土したものでは全国最多です。現在、加茂岩倉遺跡では銅鐸発見時の状況に復元されています。
また、出土地のすぐ傍らには、遺跡への理解を深めていただくための加茂岩倉遺跡ガイダンスがあり、銅鐸のレプリカ、映像のほか、遺跡の解説パネルなどが見学できます。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット