お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ブッコクジ

仏谷寺

山陰最古の木像仏が眠る、山陰第二の古刹

美保神社の鳥居から狭い青石畳の通りを進むと、浄土宗竜海山仏谷寺への道を示す石柱があります。石柱を左へ折れると山門が見えます。『雲陽誌』に、「此寺家に古三明院(いにしえさんみょういん)といふありけり、所の者とも是を伽藍といひつたへり」と述べられているように、当寺はもとは真言宗三明院という古刹でありましたが、中世後期に一度退転したものを、天正年間(1573~1592)願阿順慶上人が浄土宗仏谷寺として再興したものです。門を入った右手の大日堂(だいにちどう)には、5体の仏像(重文)が安置されています。薬師如来坐像を真中に、聖観音立像3体と、菩薩形立像1体が並んでいます。いずれも平安初期の一木彫で、出雲様式といわれる素朴でダイナミックな地方色豊かな仏像です。これだけの重文仏像群が、地方の小寺院に現存するのは注目すべきですが、このことは、仏谷寺の前身が相当大規模な寺院であったことを物語っています。

三明院は隠岐へ流された2人の天皇の風待ちの御座所にもなりました。承久3年(1221)7月27日、承久の乱に敗れた後鳥羽上皇は、出雲大浜湊(美保関)に着かれ、しばらく逗留されましたが、そのときの宿が三明院だと伝えられています。上皇は美保関で都へ引き返す者に托して、寵姫修明門院に一首の和歌を贈られました。

それから約100年後、元弘2年(1332)3月、後醍醐天皇もまた討幕に失敗して隠岐配流となりました。「かくて御旅の日数十命日を経て、御船出雲国三尾ノ浦に着きたまふ。当津に仮にありける古き御堂を一夜の皇居とす」(『梅松論』)とある古き御堂は三明院のことだといいます。現在の本堂は新しく、往時をしのぶよすがもありません。

八百屋お七の冥福を祈って巡礼に出た吉三が、この寺で死んだと伝えられ、門の内側わきに、吉三地蔵があります。

  • 【取り組みの目安】 ・マスクの着用、咳エチケット ・手洗い・手指消毒の徹底
  • 【取り組みの目安】 ・毎日検温し37.5度以上は、必要に応じ医療機関の受診を促すとともに、診断結果を記録する ・発熱以外に咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛等の症状に該当する場合も自宅待機とする
  • 【取り組みの目安】 ・2方向の窓を1回、数分間程度、毎時2回は全開にする ・あるいはビル管理法に基づく空調基準を満たす
  • 【取り組みの目安】  ・他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所と頻度を特定し、高頻度接触部位については、消毒洗浄を徹底する ・消毒液を設置する
  • 【取り組みの目安】  ・できるだけ2mを目安に最低1mは確保する
  • 【取り組みの目安】 ・対面接客を行う場合は、アクリル板等によりお客様との間を遮蔽する
  • 【感染防止対策の情報発信】 施設HP等で、施設側が実施している感染防止対策を発信している

近くの観光スポット

近くの美肌スポット