お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ブッキョウザン(カンナビヤマ)

仏経山(神名火山)

斐川町域南端部、阿宮(あぐ)と神氷(かんぴ)の境界にある標高366mの山岳です。『出雲国風土記』によると、出雲国には神名火山と呼ばれる山が4か所ありますが、斐川町の神名火山もその一つです。現在の仏経山にあたります。山頂に伎比佐加美高日子(きひさかみたかひこ)命の社があったとされています。のち尼子経久が仏経山と命名したとされ、経久はこの山に12の寺を建て薬師12体を安置し、尼子家の安泰を祈りました。山頂からは、北に島根半島の山並み、眼下に築地松散村の展開する出雲平野がひろがり、南には斐伊川本流と多くの支流が遠望できます。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット