お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
キタジマコクソウケシキャクモン

北島国造家四脚門

北島国造家の元屋敷、すなわち現在の出雲大社本殿の背後にあったものを、寛文の御造営の時、今の地に移したものといわれている。全般に江戸期の手法をとるが、一部控柱の面取りなど、室町時代の様相を残す。県下でも稀少な近世初期の建造物である。基壇は切石造りで礎石は軟質の砂岩を使用している。中通りの主柱は円柱であるが、控柱は4本とも角材で面取りが施されている。屋根は柿葺(こけらぶ)きの切妻造りで、棟に凝灰岩の切石をのせ、さらに同質の石の鬼板をおいている。木鼻、蟇股(かえるまた)などには花鳥をはじめとする複雑な彫り物があり、材は主にケヤキである。県指定文化財。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット