お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
キンザンヤキ

錦山焼

安来市の毘売塚(ひめづか)の山麓にある窯場。安政元年(1854)に松江藩御用商人油屋宗右衛門が創設し、明治6年(1873)に時の職人頭であった後藤長右衛門が譲りうけ、広島や北陸方面へ販路を広げた。のち中島姓となり、明治40年(1907)中島秀市辰砂及び新釉薬を調整し、独特の発色と力感に溢れた作品を発表して錦山焼の名を高めた。窯は登り窯で、原土は信楽(しがらき)土を使い、それに赤色粘土を用いて花器、茶器、装飾用陶器、食器類など陶器を制作している。現在では、灯油窯で辰砂釉を特色とした製作を行っている。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット