お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
イワノヤクシ

岩野薬師

 浄土宗岩野山大光寺にある。当寺は弘仁年中(810~824)創建といわれ、永禄2年(1559)に神門寺六十九世玄林和尚が再建したが、天明年中(1781~1789)に焼失した。その後、寛政7年(1795)に三たび建立され、創立以来大円寺と号していた。しかし文政元年(1818)に没した松江藩七代藩主治郷(はるさと)(不昧:ふまい)に大円庵という法号がつけられたため寺号の大円寺を廃し、大光寺と改称した。
 岩野薬師の創立由来は、岩野某の娘が、幼くして父母に死別、その菩提をとむらうため薬師像を祀って暮らしているところへ、仏のお告げで来たという男が現われ、夫婦となった。それからも薬師を信仰し続けたのに始まるといい、一名妻薬師(つまやくし)ともいうようになったと伝承している。一畑、平田(瑞雲寺)とともに出雲三大薬師の一つで、手足が不自由な人や、乳の出の悪い人に霊験があるといわれ、9月8日、9日の祭礼は近隣の参拝者で大いに賑わう。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット