お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
タタラカクロデンショウカン

たたら角炉伝承館

たたら製鉄の近代化の歴史を伝える、現存する数少ない角炉の遺構

古代より行われてきた、たたら製鉄の炉は、粘土が用いられており、操業毎に炉を破壊する必要がありました。しかし、明治時代になり、国内に西洋の進んだ製鉄技術が導入されるようになると、たたら製鉄も西洋の製鉄技術を取り入れ、粘土のかわりに耐火煉瓦を炉に用いることで、操業毎に炉を破壊することなく連続操業を可能にする角炉を建設し、近代化を目指しました。
たたら角炉伝承館は、鉄師櫻井家が経営していた槙原製鉄場の跡地に位置し、角炉が操業していた当時の風景を実物大の模型で再現しています。また、施設の中心に位置する角炉は、昭和20年まで操業されたもので、角炉の現存数は少なく貴重な遺構であることから、国の登録有形文化財となっています。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット

PR