お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ヒグラジョウアト

日倉城跡

国道54号線掛合(かけや)交差点から南方へ約500m。国道西側にそびえ、掛合城ともいう。風土記時代には山上に日倉社があったが、戦国時代多賀山(たかのやま)氏が社を移遷し、備後蔀山(しとみやま)城の出城を築いた。

築城年代は明らかでないが、天文から天正(16世妃後半)にかけて多賀山通定が居城していたことが知られる。毛利元就が出雲に進攻したとき、毛利軍の中継地点として重要な位置をしめた。明治30年ごろ、山麓から石鉢、茶釜、青磁、茶碗などが発掘されたが、城主のものであろう。天正19年(1591)多賀山氏は改易されるので、日倉城も廃城となったと思われる。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット