お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
ウンジュジ

雲樹寺

1322年、後醍醐天皇から『国済』後村上天皇から『三光』の国師号を賜った、二祖国師号を持つ稀代の名僧「孤峰覚明禅師」により開かれた臨済宗妙心寺派の古刹。
後醍醐天皇より下賜された「天長雲樹興聖禅寺」が名前の由来で、山門の正面上に直筆と伝わる額がある。庭の美しさからサツキ寺、ツツジ寺などの異名もあるほかツバキなども多く植えられている。また、自然に囲まれた環境で春には山桜、夏には睡蓮、秋には紅葉、冬の雪景色と四季折々の姿を見せる。

中海に水を灌ぐ伯太川に面した入り口から始まる参道は県道に沿って伸び、その途中に寺宝である大門「四脚門」が置かれる。両端に水路を活することで浮き道とも呼ばれているこの場所は西を向いており、彼岸の時期のみ振りむけば夕日を囲う大門を見る事ができる、東に向け進み簡素な石門を抜けると、勤労と末永い健康の為の祈りの場である「酒断ち地蔵」に見えつつ、大きくカーブした向こうには大きな「山門」が鎮座する。この正面上に掲げられた看板がいわゆる寺宝「後醍醐帝の御手の跡」であり、雲樹寺の正式な名称を表す額となっている。門をくぐると左に方丈池、右に駐車場に抜ける道と手水鉢、観音堂がそれぞれ、そして中央先の階段を上ると本尊「拈華微笑佛」を祀った仏殿が建つ。仏殿を挟んで両側にまた階段があるものの、左側は「勅使門」によって閉じられている。右側の階段の先には、白砂利や大雄松で彩られた庭と寺院の玄関口が目の前に、そこに向かって右側には朱印や納経、拝観などの受付窓口が有る。
大人一人500円と有料になる拝観は玄関から入り、案内人の説明と共に方丈の外周に沿った渡り廊下を進み、本堂や勅使門、開山堂に安置された寺宝「朝鮮鍾」や開山「孤峰覚明禅師」とその歴史、裏側に位置する禅宗庭園「元禄の庭」その意匠の由来や来歴などを分かりやすく知ることができる。

———————————————————–
広い境内を自由に散策いただけます。
御朱印、御拝観など、ご気軽に相談ください。
Instagramやってます!
#雲樹寺 で検索してみて下さい!
———————————————————–

  • 【取り組みの目安】 ・マスクの着用、咳エチケット ・手洗い・手指消毒の徹底
  • 【取り組みの目安】 ・毎日検温し37.5度以上は、必要に応じ医療機関の受診を促すとともに、診断結果を記録する ・発熱以外に咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛等の症状に該当する場合も自宅待機とする
  • 【取り組みの目安】 ・2方向の窓を1回、数分間程度、毎時2回は全開にする ・あるいはビル管理法に基づく空調基準を満たす
  • 【取り組みの目安】  ・他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所と頻度を特定し、高頻度接触部位については、消毒洗浄を徹底する ・消毒液を設置する
  • 【取り組みの目安】  ・できるだけ2mを目安に最低1mは確保する
  • 【取り組みの目安】 ・対面接客を行う場合は、アクリル板等によりお客様との間を遮蔽する
  • 【感染防止対策の情報発信】 施設HP等で、施設側が実施している感染防止対策を発信している

近くの観光スポット

近くの美肌スポット

PR