お気に入りリストお気に入りリストお気に入りリスト
アオフシガキシンジ

青柴垣神事

松江市美保関町美保神社で、毎年4月7日行われる神事。

美保神社の祭神、事代主命(ことしろぬしのみこと)(意比寿:えびすさま)が大国主命から国譲りの相談をうけ、譲ることに決定した後、自ら海中に青い柴垣を作っておかくれになったという故事にちなむ。

一年神主である頭屋(とうや)をきめ、頭屋は祭礼前日から同神社の隠殿(かくれでん)にこもって物忌潔斎に入り断食、神がかった状態で頭屋行事にのぞむ。この頭屋夫婦を、青柴垣を飾った2隻の船にのせ、港内を一周。そののち美保神社に参拝、奉幣する。頭屋達の乗る船は、2間四方の囲いを設(もう)け、四隅の柱に榊を立てる。もとはこの囲い自体が榊であったという。

近くの観光スポット

近くの美肌スポット